ホーム » blog » ナレッジマネージメントとblog

ナレッジマネージメントとblog

CNET Japan – 梅田望夫・英語で読むITトレンド:日本企業こそBlogに対して戦略的取り組みを

日本企業は社員の知識を活用できていない
日本企業は、大変な才能と知識を持った人材で溢れている。僕は日本企業向けの経営コンサルティングが本業だから、仕事をしていていつもそう思う。社員の能力や知識が、ちゃんと解放されて、正しく活用されたら、日本企業はそれだけでずいぶん良くなる。

梅田さんのCNET Jpan連載は,刺激的でおもしろく愛読者も多いと思うけれども,珍しくナレッジマネージメントに関連するネタ.能力や知識が解放されないという場面には,とても多く遭遇するのは確かだが・・・.

先週の「新聞社はBlogムーブメントを自社の戦略に生かせるか」でもご紹介したGlenn Reynolds教授の言う「the spread of horizontal knowledge」という現象に対して、新聞社に限らず、あらゆる企業が戦略的に対応していくべき時に来ているのだと思う。

例えば,関心空間Proなどもhorizontal knowledgeを企業内にspreadする可能性のあるツールだろう.


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive