ホーム » clarinet » 翼のゆがんだ飛行機

翼のゆがんだ飛行機

相変わらずリハビリを続けているわけですが、だいたい状況は分析ができてきました。問題は以下の2点。
・左前歯の負担をさけるために、口の中全体の力のバランスが崩れていること。
・左下唇のしこりがリードの振動を妨げていて、リードの振動が十分に得られないこと。
そのどちらの割合が高いのかは、まだ良くわからないが、感覚的には7:3くらいの割合か。前者の問題については、練習次第である程度回復するかもしれないという気がします。ただし、口の中のバランスを作り直しなので、時間はある程度かかるし、そもそもバランスがとれるのかという心配もあります。後者の問題は、多少深刻で、ひどい場合は、切ってもらう必要があると思うのですが、切ったときにうまくいかなくなるリスクもあるわけで、とりあえず次回演奏会くらいまでは様子見して判断かという状況です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive