ホーム » clarinet » ダンディのバスクラ

ダンディのバスクラ

第608回定期演奏会の録音を聞くことができたので、自分が吹いたバスクラ部分をチェックしてみました。ダンディには1楽章にちょこちょこっとソロがあります。聞いたところあまり冴えない感じでした。無難な感じではありましたが、もうちょっと張りがあって、もう少し割れたような感じの音でもよいかと思いました。バスクラはちょっとくらいビリビリいったほうがオケ的には存在感があって、良いような気がします。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive