ホーム » etc » 米金融機関のボーナスへの課税はいかがなものか

米金融機関のボーナスへの課税はいかがなものか

米ボーナス課税法案が波紋 規制嫌う業界、人材流出懸念

金融業界からは「大衆受けを狙った金融・金持ちバッシング」との不満が出ている。

そうだが、自分もそう思う。以前に決めた契約を反故にするような、国家の介入というのはいかがなものか。元々、ボーナス支払いを前提とした賃金体系になっていたのだろう。こんなことをしてもモチベーション低下・モラルハザード・人材流出を招くだけだ。大体、今のような事態を招いたのは、金融機関だけが悪いのか?国・FRBの監督責任があるのではないか?オバマ政権は、基本的にニューディール的な介入主義のようだが、アメリカの自由の文化に馴染む物ではない。きっと失敗するだろう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive