ホーム » it » EXIがWikipediaに掲載された

EXIがWikipediaに掲載された

XMLのバイナリ圧縮(符号化)に関するW3C標準(現在Working Draft Last Call)であるEXIのWikipediaページがやっとできた。

Efficient XML Interchange

ご参考まで


2件のコメント

  1. Unknown
    まだ日本での認知度は低いので日本語ページも欲しいところですね・・・。

    Wikipediaの説明の中で「構文解析のコストは削減されるかもしれない」とありますが・・・コストって何を指しているんでしょうかねえ。

  2. 日本語ページ
    日本語ページはこれは誰も作らないんだったら、自分で作るしかないですかね・・・。トライしてみます。とりあえず英語版の直訳で・・・。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive