ホーム » book » 日本のポストモダンはどうなったか

日本のポストモダンはどうなったか

集中講義!日本の現代思想—ポストモダンとは何だったのか (NHKブックス)

仲正 昌樹

日本放送出版協会


このアイテムの詳細を見る

またまた仲正氏の本を読んでみました。今度は、日本におけるポストモダンの話です。自分が大学生のころはちょうど浅田彰の逃走論が出た頃で、ポストモダンははやっていました。朝日ジャーナルも売れてましたし、自分の本棚を見ると、フーコーの「性の歴史」I・IIがありました(Iは多少わかったが、IIはちんぷんかんぷんだった気がする)。今から考えると変な時代でした。さて、この本ですが、日本の思想界がマルクス主義の強い影響を受けながら発展し、ポストモダン流行につながり、冷戦終結とともに廃れていくさまを、結構わかりやすく書いてありました。多少偏った見方なような気もしないでもないですが・・・


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive