ホーム » clarinet » Privilegeを試した

Privilegeを試した

自分はセルマー吹きで、Signatureを使っているのだが、セルマーの現在の最高機種となるPrivilegeをアクタスで試奏してきた。試奏したのはB管で2本用意してくれた。

反応の良い普通に良い楽器だと思った。Signatureは(個体差はあるが)、若干重い(抵抗感のある)楽器で、ちょっと丸みのある感じの音がする。セルマーのカタログによれば、管の厚みのあるRecitalに似せた設計だという話だ(自分が試奏した感じではSignatureとRecitalが似ているとは思えなかったが)。Privilegeにはそういう「セルマーくささ」のようなものがない。反応よく、すっと音が出て、その質も悪くない(prestige・festivalと同じか+αくらいのイメージ)。Toscaキラーとして設計されたのだろう。それを実現しているかどうかは、Toscaをちょっとしか吹いたことがないのでわからないが、比較する選択肢にはなりえると思う(安ければこれでいいだろうって人はいるかも)。

Signatureは(これも個体差あるが)、音程に難がある。あるリペアには、オクターブが狭いという言い方をされたが、例えば、High C近辺が低めになる。ただ、これはクランポンに比較しての話である(慣れである程度修正できるし、どちらが正しいという話でもないのかもしれない)。クランポンに慣れているととまどう。それに対して、Privilegeはクランポンに近い音程設計がされているようだ。チューニングメーターで確認したが、ごく普通で優等生的である。

吹いて困ったのは、レジスターキーの形が特殊で、押しやすくなっている反面、普通に今までの調子で吹くとすぐひっかかってしまうことだ。でも、これは慣れれば合理的なのかもしれない。

これを買うか?と考えるとちょっと難しい。劇的な良さはないので、どうしてもほしいという感じにはならない。また、Signatureとは大分違う楽器なので、B管とA管を同時に変えないとかなり苦労しそうである。となると金銭的に厳しい。でも、次の楽器の候補にはなりそうだ。また、そのうちToscaもちゃんと試してみようと思う。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive