ホーム » clarinet » Vandorenのリードが使えなくなった

Vandorenのリードが使えなくなった

最近のVandorenのリードは、湿度対策のためなのか1枚づつ包装されている。その包装が始まった頃か、その少し後くらいからだろうか、自分に合うリードがほとんど見つけられなくなってきた。どんな感じかというと、とにかく抵抗が強すぎてほとんどまともに音が出ないのである。買う店を変えてみたり(店によって保存状態とか在庫の古さとか違うので店によって差がある場合もある)、それなりに投資したのだけど状況は変わらない。また、自分は通常は3番(B40の場合)を使うのだけれど、21/2にしてもなお見つからないのである。これは異常な状態だ。

もしかしたら、年をとって抵抗のあるリードが吹けなくなってきたのかもしれない。このように、合うリードが見つからないという時期は、これまでも何度もあった。こういうのは大抵、自分のコンディションに問題があることのほうが多かった。しかし、今回はちょっとそうでもないような気がしてきた。

最近は、B40にマウスピースをチェンジして、昔買って多く残っていた古いリードでしのいでいたが、残り物なのでちゃんと吹けるリードを見つける確率は小さく、そろそろ限界になっていた。

こういう時の自分の対処方法は、リードにマウスピースを合わせることである。マウスピースは必ずどのリードで吹くかということを想定して選ぶ必要がある。単に吹きやすければよいというわけではない。例えば、3番で吹くことを想定するのなら、平均的な3番の堅さにちょうどよい抵抗のマウスピースを買う。そうしないと、リードを選ぶときに苦労するからである。よって、現在、流通しているリードにちょうど良いマウスピースを探しに行くことにした。

・・・ちょっと長くなったので、続きは別エントリで


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive