ホーム » clarinet » 持ち替えはしんどい

持ち替えはしんどい

blogで書くようなことでもないかもしれないが、やっぱり持ち替えって難しい。A・B管だけならともかく、BassやEsが交じると、すべてをちゃんとした精度で吹くことってできない。基本的には正しい吹き方さえしていれば、すべて共通であるのはセオリーなんだろうけど・・・

自分の場合、多分、 Bassを吹くときに何か吹き方が間違っているんだろうと思う。だから、並クラに戻るとぐちゃぐちゃになる。少し吹きすぎというか力が入っているのかもしれない。

シェーンベルクのBass持ち替えを完璧にやってた、伊藤(圭)さんは本当にすごいと思う・・・


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive