ホーム » music » 春の祭典を聴き比べる

春の祭典を聴き比べる

明日,春の祭典の本番なのだが,せっかくやるのだからと思って今まで,買うか迷っていた,春の祭典100周年ボックスをSONY(10枚組)とDECCA(20枚組)の両方を買ってみた.印象に残った演奏をざっと書いてみる.自分は春の祭典って,ブーレーズとドラティがあればとりあえずいいかと思っていたが,新しい演奏もなかなか侮れないなと思った.

一番印象に残ったのは,マイケル・ティルソン・トーマス+サンフランシスコ響.完成度の高い演奏だと思った.後半のリズムのキレも鋭い.ライブだが録音も良い.

一番好みだったのは,サロネン+ロサンゼルス・フィル.モダンですっきりしてる.サウンドが良くて好みだった.

好みではないが価値が高そうだと思ったのが,ゲルギエフ+マリンスキー劇場.個性的.誰の演奏とも似ていない.うまく言えないが,いろいろと工夫した表現を仕掛けてくる感じ.録音はかなり良い(響きの多いやや風呂っぽい感じ→デイヴィス・コンセルトヘボウに少し近い録音).

この3つは,一度聞いて損はないように思った.その他印象に残った演奏としては,

カラヤン+ベルリン(1963).これはストラヴィンスキーが批判した演奏である(DECCAの解説に載っている).音が長すぎるそうで・・・.しかし,自分はこれは結構良い演奏だと思った.録音は結構良い(イエスキリスト教会.音が生々しく入ってる).一方,カラヤン+ベルリン(1976)は全然良くなかった・・・なんでだろう・・・.

レヴァイン+メトロポリタン歌劇場.やや雑なところもあるが,自分は嫌いじゃなかった.

ベイヌム+コンセルトヘボウ(1946).すごく古い録音で雑音も大きいが,このころのコンセルトヘボウは結構レベルが高いことが伝わってくる(後半に乱れはあるのだが・・・).

デュダメル+シモン・ボリバル・ユース.オケはハイレベルとは言いにくいのだが,サウンドのキャラが立ってて全体の個性が非常に明確で,印象に残った.良い演奏.(ベネズエラでできて,同じようなことがなぜアジアでできないのだろう・・・)

クラリネット的な分析も少ししようかと思ったが,並クラはあまり見せ場はない.目立った演奏はない.Es(D)とBassが聞き所となるが,もう少しちゃんと聴いたらまとめるかもしれない.


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive