ホーム » 「clarinet」タグがついた投稿

タグアーカイブ: clarinet

もう一つ出番:オルケストル・フランセ・デュ・ジャポン 第6回 定期演奏会

二月はもう一つ出番あります。ババールの2nd+Bassと牝鹿のBass

オルケストル・フランセ・デュ・ジャポン 第6回 定期演奏会

2020年2月22日(土)夜公演
タワーホール船堀 大ホール(都営新宿線船堀駅下車)

●プログラム
プーランク(フランセ編曲):『小象ババールの物語』
プーランク:バレエ音楽『牝鹿』組曲
プーランク:シンフォニエッタ

●指揮
小松 拓人

次の出番:戸塚区民オーケストラ 第32回定期演奏会

ラフマニノフのバスクラリネットを担当します。

日時: 2020年2月16日(日) 開場13:30 開演14:00
場所: 鎌倉芸術館 大ホール
指揮: 井﨑正浩(当団常任指揮者)
演目: 
ラフマニノフ/交響曲第2番
ニールセン/序曲「ヘリオス」
チャイコフスキー/バレエ音楽「眠れる森の美女」より「バラのアダージョ」「ワルツ」ほか

http://orchestra.musicinfo.co.jp/~TRO/docs/00concert_info.html

過去の演奏を(再)公開した

自分はかなり昔から自分の演奏(主にオーケストラのソロ)をインターネットに公開していた。それをまとめなおしてこちら(メニューの”My clarinet recording”)に(再)公開した。始めたころは、まだインターネットの黎明期で、その可能性をいろんな人達が探っていた。これらはそんな時代に、インターネットに音も置いてみようと思って、やったことである。後で結構恥ずかしかったと思ったが、見る人もほとんどいなかったので、それほど気にしてはいなかった。このブログはいろいろなサービスを渡り歩いているので(archiveを見ればわかるが、最初の投稿は1998年11月である)、そのうちにリンク切れしたり、(バックアップしてなくて)音声ファイルが失われたりして、聞くことのできない状態になっていた。しかし、現代はYoutubeやInstagramでプロも普通の人もどんどん演奏動画を公開する時代になった。その変化は驚くべきものだ。そんな時代に自分も、もう一度やってみようと思ったわけである。

再度、公開するにあたって、ファイルの対応が正しいかを確認するために、いくつか自分の演奏を改めて聞くことになった。ひどいな、と思うことも多かったが、なかなかおもしろかった。良くも悪くも、今はもう出すことのできない(少し個性的な)音がそこにはある。うまく説明するのは難しいが、この過去の演奏の中で、一番自分らしいと思うのは、JAO(日本アマチュア・オーケストラ連盟)大阪大会で、西本智実先生に指揮していただいた展覧会の絵である。このころは、自分で言うのもなんだけど、ほぼ思い通りの音が出てた(それが客観的によいかは別問題)。その後、ケガの影響でこのようなfat(あえてrichとはいわないが)なサウンドを出すことはできなくなった。人生で一番評判の良かった演奏は多分、JAO宮崎の不滅なのだが、「当時は全然褒められなかったけど、ケガする前の大阪のほうが全然よかったんだけどな」と自分では思っていた(こうして録音できくと不滅も結構微妙だけど)。

公開するのは、オープン化の精神でもある。プログラムのソースコードを公開するのと同じで、オープンにすると、客観的に自分が見れるし、がんばらなきゃとも思える。いい時代になったのか…は微妙だが。

次の出番:プーランク 牝鹿

牝鹿のバスクラを担当します。

次の出番:フランク 交響曲ニ短調

担当はフランクのバスクラリネット。2/2に船堀です。

my clarinet 更新

クラリネットの仕掛けのページを更新。マウスピースがBD5になりました。1年たつけど…。音色の魅力が少し減ったけども、コントロールはよくなりました。

my clarinet

戸塚区の春の文化祭に出演

戸塚区の春の文化祭に出演します.久々にソロっぽいことをやるので紹介します.
日時:2015年5月23日(土)19:15〜20:40
場所:戸塚公会堂
自分は,以下の2曲を演奏します.
・ブルッフ「八つの小品」より第6,4曲
・ニールセン「かいなきセレナード」
ブルッフは,クラリネット,ビオラ,ピアノの3重奏で,ブルッフらしいメロディーが美しい隠れた名曲です.
ニールセンは,クラリネット,ホルン,ファゴット,チェロ,コントラバスの5重奏という特殊な編成の曲です.しゃれた小品という感じですが,随所にニールセンらしい工夫があり,中間部のAdagioが大変美しいです.

その他に,フルート・木管等のアンサンブルが演奏されます.

広報情報があまりなかったのですが,タウンニュース記事がありました.
http://www.townnews.co.jp/0108/i/2015/04/30/281497.html

演奏会(12/7 春の祭典)

春の祭典の Cl 3 + Bass Cl 2で乗ります.


日時:2014年12月7日(日)14時開演
場所:オリンパスホール八王子
ナビゲーター:山田五郎
指揮:柳澤寿男,ピアノ:吉村美華子
管弦楽:世界平和コンサートへの道管弦楽団
曲目:
ベチリ(コソボ作曲家)/スピリット・オブ・トラディション
リスト/ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
ストラヴィンスキー/春の祭典

演奏会

シューベルトのOctetをやった感想の一つとして…

シューベルトのOctetをやった感想の一つとして,シューベルトはアクセント書き過ぎ・・・.あれを律儀にやっていたら荒っぽくなってしまう.というか,多分,その音を強調するとか大事にするくらいの感覚にしないといけないのではと思う.これはグレートも同様だけど.

明日,戸塚ふれあい文化祭で,シューベルトの八重奏曲(第1楽章のみ)を演奏します…

明日,戸塚ふれあい文化祭で,シューベルトの八重奏曲(第1楽章のみ)を演奏します.
時間:10月25日 17時半〜19時半(自分たちの出番は最後)
場所:戸塚区民文化センター さくらプラザ

category

archive