ホーム » 「database」タグがついた投稿

タグアーカイブ: database

Neo4jでグラフアルゴリズム

Qiitaでまとまった記事(全体はこちら)を書いてみようかと思っています。トピックは、

  • Neo4jの概要(この辺はとりあえず他コンテンツを参照で)
  • Neo4jのアーキテクチャとアプリケーション機能分担
  • Neo4jのJava API
  • Neo4jのプロシージャによる拡張
  • 基本的なデータ構造:キュー、スタック、プライオリティキュー
  • 幅優先探索
  • 深さ優先探索
  • 最短経路:ダイクストラ法
  • 最短経路:A*法
  • 最短経路:双方向ダイクストラ法
  • 旅行計画問い合わせ(Trip planning query)
  • 補足:Neo4jプロシージャの単体テストとCypherからの返却値の解説
  • 補足:Spring Data Neo4jとSpring Bootを利用してWebアプリ化

というところが目標。ダイクストラ法までは記事にしてみました。時間を見つけてブラッシュアップしていきます。

Neo4jでグラフアルゴリズム:幅優先探索 – Qiita

技術的な記事を投稿しました

グラフデータベースNeo4jを用いた幅優先探索の実装例を紹介する。Neo4jは通常は、Cypherというグラフデータベース検索言語を利用してアクセスする。Cypherは、グラフに対するパターンマッチを容易にすることに特徴があるが、Neo4jにビルトインで組み込まれている探索アルゴリズムを呼び出すことも可能である。よって、Neo4jを利用して幅優先探索を行う場合、自前でアルゴリズムを実装する必要は基本的にはない。あえて、本稿で自前による探索アルゴリズムを実装する例を紹介す…
— 読み進める qiita.com/ggszk/items/f50a0705e45764f13107

グラフデータベースNeo4jをユーザ定義プロシージャで拡張しよう – Qiita

ひさびさに技術的な記事を書いて見ました。

グラフデータベースNeo4jは、主にCypherという独自のグラフデータベース検索言語を使って利用する。最短経路探索などのアルゴリズムはビルトインされている。しかし、せっかくグラフデータベースが使えるのであれば、自分で作ったアルゴリズムを利用したいだろう。直接グラフデータベースにアクセスする方法もあるが、Neo4jにはユーザ定義のプロシージャを組み込む機能が用意されている。その利用方法はNeo4j開発初期のころよりもかなり簡単になっており、Cypherと…
— 読み進める qiita.com/ggszk/items/c15e6e346aef5e19f8ed

教養としてのエヴァンゲリオン(となぜかクラウド)

ちょっとしょうもない話だが・・・

最近、映画館では、エヴァンゲリオン新劇場版「破」が話題だ。

一方、@ITでこんな記事があった。

もう1つの、DBのかたち、分散Key-Valueストアとは

内容は、Key-Valueストアの入門的紹介という感じで、少なからずの人達に参考になるであろう。その中でこんな記述があった。

最後に、このパラダイムシフトにぴったり当てはまる“セリフ”を、アニメ「エヴァンゲリオン」から引用したいと思います。

「出来損ないの群体として行き詰まった人類を、完全な単体生物へ人工進化させる」(エヴァンゲリオンの人類補完計画)

これを、次のようにいい換えると、いま「クラウドコンピューティング」によって起きていることをいい表せます。

「出来損ないの群体として行き詰まったITシステムを、完全な単体インフラへ人工進化させる」(クラウドによるIT補完計画)

まあ、エヴァを知らなくても何となくわかるだろうが、知っていると少し感じが違う。これも教養となりつつあるのだろうか・・・

PostgreSQL8.4がでた

PostgreSQL 8.4 Released

8.4正式版でました・・・

このリリースには、管理作業、問い合わせ処理、PostgreSQLデータベースのプログラミングを以前に比べ、より容易にするための改良が大量に含まれています。

だそうで、やはり性能についてはあまり変わりないようですね。

PGConが終わってた&8.4βについて

ひさびさにデータベースな話題。PostgreSQL ConferenceのCFP(presentation)が出てたから、そういえば、PGcon2009はどうなっているのかと思ったら、5/22に終わっていた。最近、いかにちゃんとフォローしていないか、ということだ。

その発表の中に、8.4βと8.3との性能比較のレポートがあった。数%の差で、あまり劇的には性能は向上していないようだ。8.3で大きな性能改善は一段落してしまったのだろうか。

Martin Fowler氏の新しいDBMS観

「Martin Fowler氏はデータストレージについての凍結した考えがほぐれてきたと考えている」・・・そうです。
記事

Martin Fowler氏は言うまでもなく、ソフトウェア開発方法論等の権威ですが、RDBMSについては、

私は複数のアプリケーションが共通のデータベースを通して強く結びつくというアプローチが好きではありません

という見解を持っているそうです。これは古典的なデータ中心的アプローチの否定に近いと思います。

もしあなたが統合のプロトコルをSQLからHTTPに変えたら、それはあなたがデータベースを統合データベースからアプリケーション・データベースに変えられるということです。

データベースについての新しいアプローチ(XMLデーターベース等)は、なかなか(商業的に)成功していないというのが現実だと思いますが、果たして、流れは変わるのでしょうか・・・。

LINQはJava Query APIへの最善なオプションなのか?

久々に本業の投稿・・・

OMGのObject Database Technology Working Groupの座長をやってるMike Cardへのインタビュー

OMG(Object Management Group)等の標準化機関はオープン化のスピードに取り残されて存在感を失いつつあるように見える(UML 2も複雑になりすぎているという批判がある)。この記事は、Microsoftが開発した統合クエリ言語LINQを、OMGからJavaコミュニティーに提案しようというものだ。LINQはあらゆるデータソースに対して統一したクエリインターフェースを提供しようという発想は悪くないと思うが、Microsoftベタな仕様だ。それをJavaコミュニティーが受け入れるのだろうか?OMG(のデータベースグループ)が存在感を表したいためのパフォーマンスに見えるが、どのように進んでいくのであろうか。

PGCon2008参加報告

【PostgreSQLウォッチ】第38回 PostgreSQL最新情報 – PGCon2008参加報告を中心に –

NTTの講演がかなり話題になったようです。

「DB2 Star Festival 2008」開催

行ったわけではないのですが・・・

「DB2 on Rails」も紹介、IBMが考えるDB2の方向性は

「軽量言語を使ったWebアプリケーション開発への関心度の高いイベントとなった。」そうで・・・

category

archive