ホーム » clarinet » 第614回定演:フォーレ「ペレアスとメリザンド」前奏曲より(2)

第614回定演:フォーレ「ペレアスとメリザンド」前奏曲より(2)

前奏曲のラストはクラリネットに重大な役割が与えられている。
Pelleas2

最後に冒頭の主題が再現される直前、このソロがある。この箇所の最大の問題点は、普通の人では一息で吹ききれないことだ。自分は3枚のCDを持っているが、それぞれ以下のような解決をしている。
解決1)(多分)二人で吹く(スイスロマンド)
解決2)6小節目のGとEの間で息をとる(ボストン)
解決3)7小節目のGとFの間で息をとる(フィラデルフィア)
解決1はよほど二人の音色がそろっていないと難しい。解決2・3はcresc.の頂点で息をとることになるので、自分には選択しづらかった。自分がとった解決法は、
解決4)6・7小節目の境で息をとる(私)
だった。その分ちょっとcresc.を遅らせた。cresc.の途中で息をとると目立つからである。曲を知っている人はがっかりかもしれないが、自分はこういうときは割り切ってがっちり息をとってしまったほうがよいと考える。自分の演奏はどうだったか。まず3小節目の出だしをミスった・・・(録音に残らないかと思ったけど甘かった)こんなミスは練習ではなかったのに・・・本番は怖い・・・。ブレスはそれほど不自然ではないと思うがどうだろうか。今回はちょっと音が暗めだったかな・・・。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive