ホーム » it » 「OZmall事件」の説明会を開催,「被害防止のために情報共有を」

「OZmall事件」の説明会を開催,「被害防止のために情報共有を」

攻撃はSQLインジェクションだったそうです。

スターツ出版が「OZmall事件」の説明会を開催,「被害防止のために情報共有を」

スターツ出版は6月10日,同社が運営する「OZmall」サイトへの不正アクセス事件に関する説明会を開いた。不正アクセスが確認されたのは5月25日のこと。その後,サイトは一時閉鎖され,5月30日に再開された。説明会の対象は,同サイトが提供する予約仲介サービスなどの顧客企業。「同じような被害を受けないように,情報を共有したい」(代表取締役社長の菊地修一氏)。説明会では,事件の経緯やサイト運営上注意すべき点などが説明された。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive