ホーム » clarinet » メイエの名演:ショーソン「アンダンテとアレグロ」

メイエの名演:ショーソン「アンダンテとアレグロ」

 /Paul Meyer French Clarinet Art Le Sage(P) /Paul Meyer French Clarinet Art Le Sage(P)
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

ポール・メイエなんて、ルックス重視の日本では人気があるが、実力はたいしたことない・・・とか言う人もいるかもしれないが、自分は優れた奏者だと思っている。初来日を聴きに行ったときは、かなりがっかりだった。何でこんなにパワーに頼るのだろうと思った。彼は結構大胆な思い切った演奏をする。何というか、汚すことを恐れない。これは日本人的なきれいにまとめようとする文化には馴染まない。このようにアクの強さを感じさせることもあるが、彼の良いところはきっちり曲によって吹き分けられるところだと思う。先日の来日時の武満もすばらしかったし、衛星で見たベルクやプーランクもよかった。モーツァルトの録音も意外に悪くない。そんなメイエの名演を選ぶのは難しいが、フランス曲集のショーソンを挙げる。この曲はあまり演奏される機会は多くないが、かっこよい曲だ。それを素晴らしく華麗に演奏している。やはり彼にはフランス物がよく似合う。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive