ホーム » music » シェヘラザードのクラリネット→David Shifrin?

シェヘラザードのクラリネット→David Shifrin?

“シェエラザード*交響組曲” (クリーヴランド管弦楽団)

シェヘラザードネタで一つ思い出したので記録。(私の敬愛するクラリネット奏者である)David Shifrinが クリーブランドで主席をやっていたのは、よく知らないのだけど、あまり長い期間ではないはずなので、彼の吹いた(オケでの)ソロを見つけるのはなかなか難しい。上のCDはその一つではないかと睨んでいるものである。このどこか軟弱でマイペースな感じはきっと彼であるに違いない。でもかなり美しいクラリネットです。3楽章のスケールとかすごいですね・・・(まあ、クリーブランドのクラリネットはいつの時代もすごいのではありますが・・・)

シェヘラザードの全体の演奏としては、悪くはないが、あまり色気がなく、やや殺伐としたものになっている(テンポ早め)。


1件のコメント

  1. マイスターフォークです。

    ヒンデミットはバ―スタィン、イスラエルが濃くて隅々までしっかり出来てます。。

    主席は中国共産党でオケは首席ですね♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive