ホーム » clarinet » リード問題対策で石森に行ってみた

リード問題対策で石森に行ってみた

Vandorenのリードがあわなくなった問題の解決のために、マウスピースを探しに石森管楽器に行ってみた。試そうと思ったのは、B40 profileとM30という最近使ってた2種類と、最近VandorenからでたマスターズシリーズのCL5(開きが広いほう)と、最近(でもないか)はやってるヴィルシャーの40BとWSの計5種類。

細かい話は別エントリに書くことにして、全体的な話だけ。まず、最近B40を多めに吹いていたせいか、M30とWSはあまりピンと来ないで脱落。CL5は良い印象だったが、一本しか在庫がなく、それで買うほどの勇気はないのでやめ。で、B40と40Bを数本吹いてきたが、今吹いているB40に比べて特別良いものがなかったので終了・・・リードだけ買って帰ってきた。

わかったのは、自分の現在のリードの選び方はそれほど間違ってはいなくて、自分が今使っているB40も特別なものではなく標準的で良いものだったということ。

・・・ということで、仕方なくやはりリード側で何とか解決するしかないとなったのでした。


1件のコメント

  1. こんにちは。マイスターフォークです。
    私も仲間や学生にはB40や40Bを勧めますがリ―ドはv12の3かリコ―赤箱シックブランクのフィルドを合わせるよいに指導してます。

    ご存じでしょうが自分の部屋でまとめた仕掛け・練習場・本番ホ―ルなどで違ってきます。それは自分自身の吹き込む息の量が無意識に違ってくるからだとおもいますが…大ホ―ルでさらう息と自分の部屋での息は違いますね。

    軽めのリ―ドの方が小部屋やデッドな練習室ではクリアーですが大ホ―ルでは肉付けが不足ぎみになります。
    私も40系の周りとアンサンブルしやすい音は好きですが環境でリ―ドは変えてます。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive