ホーム » 情報インテグレーション研究室 – JOINS Project –

情報インテグレーション研究室 – JOINS Project –

About JOINS project

世の中にある様々な情報を収集し、インテグレーション(統合)し、可視化する技術の研究・開発を行うことによって、誰もが情報を容易に発信でき、複数の情報の組み合わせ・分析・解析を行い、新たな価値を創造することにより、自由で豊かな社会の実現を目指します。応用分野としては、地理情報・店舗/商品情報・観光情報を活用したナビゲーション/観光支援、試合情報・選手情報を活用したスポーツ向け支援、等を想定しています。プロジェクト名のJOINSは、情報(’Jo’ho)をインテグレート(’In’tegrate)するという意味と、誰もが情報の発信や利用に参画(Join)できるという意味から名付けています。

Research / technical topic

  • マルチデータベース・異種分散データベース・連邦データベース(Federated database)
  • 旅行計画問合せ(Trip planning query)
  • グラフ探索・グラフデータベース
  • 問合せ変換・双方向変換(bi-directional transformation)
  • データモデル・データベース設計
  • データ分析・解析(データサイエンス)
  • データビジュアライゼーション
  • データ管理のためのOSS (Open Source Software) : グラフデータベース Neo4j, PostgreSQL, …

Member

氏名:鈴木 源吾

所属:開志専門職大学 情報学部 教授

学位:博士(工学)

プロフィール:1990年東北大学大学院理学研究科数学専攻修士修了。同年日本電信電話株式会社入社。ネットワーク管理データベースの構築とデータ分析・可視化、データベース設計、マルチデータベースシステム、XMLデータ管理、グラフデータ管理、要求工学、共通フレームワークなどの研究開発に従事.2013年電気通信大学大学院にて博士(工学)。2013年電気通信大学非常勤講師。2018年より2019年まで工学院大学非常勤講師.2020年4月より現職.

所属学会:情報処理学会、電子情報通信学会、日本データベース学会

researchmap:https://researchmap.jp/ggszk

主な研究成果:

  • 鈴木源吾: 制約つきグラフ探索を実現する 異種データベース統合技術に関する研究, 博士論文(2013)
  • 鈴木源吾,榎本俊文,小林伸幸,山室雅司,鬼塚真:時間制約をもつ寄り道経路探索システムの実現と評価,情報処理学会論文誌 Vol.53 No.2 pp.857-867(2012).
  • 林孝志,小西一也,堀口恭太郎,綱川光明,鈴木源吾,芳西崇:異種情報源統合のためのXML 問い合わせ最適化と情報源問合せ能力管理,情報処理学会論文誌 Vol.44 No.SIG12(TOD 19) pp.1-10 (2003).
  • Honishi, T. , Suzuki, G. , Kobayashi, N. , Konishi, K. : A Mediation System Based on Universal Relation Modeling, 20th International Conference on Conceptual Modeling Proceedings (ER2001), SE3, pp.1-4 (2001).
  • Hayashi, T. , Suzuki, G. , Iizuka, Y. , Konishi, K. Honishi, T. : Distributed Multimedia Information Retrieval that Accepts Arbitrary Media Key, 7th Workshop on Multimedia Information Systems, pp.153-162 (2001).
  • Suzuki, G. , IIzuka, Y. , Kasuga, S. : Integration of Keyword Based Source Search and Structure Based Information Retrieval, 7th International CODATA Conference, pp.149-158 (2000).
  • 池田哲夫,鈴木源吾,町原宏毅,安田浩:連邦データベースシステムにおけるスキーマ構築の一方式,情報処理学会論文誌 Vol.40 No.SIG8(TOD 4) pp.29-40 (1999).
  • 山室雅司,鈴木源吾:データ標準化と概念グラフへの変換を利用したスキーマ統合支援法,電子情報通信学会論文誌 D-1 Vol.J79-D-I No.11 pp.966-974 (1996).
  • Suzuki, G. , Yamamuro, M. : Schema Integration Methodology Including Structural Conflict Resolution and Checking Conceptual Similarity – Conceptual Graphs Approach – , International Workshop on Database Reengineering and Interoperability, pp.229-242 (1995).

Contact

joins-project(please replace by at)gmail.com

category

archive