ホーム » clarinet » Eric Hoeprich

Eric Hoeprich

18世紀オーケストラの主席。おそらく古楽器クラリネットの第一人者。今時のクラリネット吹きでの最も重要な人の一人だと思います。忘れかけていたクラリネットの音の美しさを実感させてくれる。音楽作りは割とモダンな感じです。古楽器だから古臭い(?)なんてイメージではありません。古楽器はあくまでも手段であって、音楽自体は現代的なダイナミクスの大きい(本当に音がでかいというより、表現に幅があるというか・・・)ものだと思います。モーツァルトのCDも出ていますが、18Cオケでのスコットランドやイタリアなどのソロはすごいです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive