ホーム » clarinet » Filed vs. Unfiled

Filed vs. Unfiled

リコーのリード(Evolution)を使い始めたという話はしたが、これには2つの種類がある。それは、FiledとUnfiledである。この違いは、リードの肩(削り始めのところ)のところの表皮を削る(Filed)か、残すか(Unfiled)というところにある。トラッドなバンドーレンのリードはFiledで、ルピック56(野中のHPにはドイツ的と書いてあるが自分にはよくわからない)はUnfiledである。
リコーの特徴は、同じEvolutionというカットのリードで、FiledとUnfiledを選べることである。自分はこれまで、Filedを使っていたが、Unfiledを試してみた。
一箱吹いただけで結論を出すのはちょっと乱暴だが、自分にはUnfiledの長所がよくわからなかった。吹いた感じは結構違う。音が若干固くなるような気がする。少し詰まって発音がしにくい感じだろうか。吹けるリードの確率はFiledとはそれほど違わない。
うーん・・・見た目イメージ的にはFiledのほうが音がソフトになりそうなんだけど、その逆だった。
明日は本番だけど、FiledかUnfiledかで迷っている。当日の調子で決めよう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive