ホーム » clarinet » Signature

Signature

sig1.jpg
(写真の著作権がちょっと心配というのはおいておいて・・・)
20年以上クランポンだったのを,A・B管ともに交替.トーンホールのところが盛り上がっていて,管体が厚いレシタルみたいな音を狙っているのだそうな.実際どういう音がするというと,非常に重めの,もこっとした感じの音です.サトテクノで指摘されたのですが,オクターブが若干狭いそうで・・・確かに,狭いです.真ん中を基準にすると上が低くて,下が若干高いです.上のC・Bあたり(実音じゃない)はクランポンより低めになっていて,まあ,だからPianoになってもうわづらないです.下のBは高めです.あと,真ん中のB・C・Esといったところが極端に低めです(これも楽器の設計上仕方ないと言われた).昔セルマー吹きと一緒に新世界を吹いたときに,B(全部ふさいだシ)が極端に低くて面食らったことがありますが,うーん,こういうことなのか・・とちょっと思いました.


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive