ホーム » clarinet » Signature再び

Signature再び

20年以上クランポンだったのを,A・B管ともに交替.トーンホールのところが盛り上がっていて,管体が厚いレシタルみたいな音を狙っているのだそうな.実際どういう音がするというと,非常に重めの,もこっとした感じの音です.サトテクノで指摘されたのですが,オクターブが若干狭いそうで・・・確かに,狭いです.

と購入から約半年が過ぎましたがその後の状況・・・


  • 練習不足でまだ自分の体と一体化しない.
  • 楽器の個性が大きいので,ついサボって楽器に頼る吹き方になりやすい.
  • 自由度が小さい感じ.自由に吹きたい人が選ぶ楽器じゃないかも・・・ソロよりはオケ向きなのかな・・・
  • B管のほうが抵抗が大きいのには徐々になれてきた.
    オクターブが狭いのはB管のみのよう,A管はあまり気にならなくなってきた.
  • A管は中音域のB・Cはやっぱり極端に低い.


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive