ホーム » music » アバドの強烈な名演

アバドの強烈な名演

年末バーゲンでCDをいくつか買いましたが、その中で以下の2つが大変印象に残りました。両方とも指揮はアバドです。古い演奏です(20年以上前)。

バルトーク:ピアノ協奏曲第1番、第2番

アバド(クラウディオ) ポリーニ(マウリツィオ)

ユニバーサル ミュージック クラシック


このアイテムの詳細を見る

ポリーニとのバルトークの協奏曲です。超名演と思います。切れ味鋭い演奏です。特に2番の第3楽章は、強烈な掛け合いとシンメトリーを利用した音列の変形等、バルトークのテクニックが満載で、ジェットコースターに乗っているかのような気分を味わうことができます。

プロコフィエフ : カンタータ

オブラスツォワ(エレーナ),ロンドン交響合唱団

ポリドール


このアイテムの詳細を見る

アレクサンドル・ネフスキー(ロンドン響)・スキタイ組曲・キージェ中尉(シカゴ響)の組み合わせです。どの演奏も大変に優れたものと思いますが、あえて選ぶならば、アレクサンドル・ネフスキーです。この曲はあまり好きというわけではないのですが、ロンドン響からもの凄く深い響きを引き出しています。ロシア(近代)音楽のおもしろさを実感することができます。

両方のCDともに1300円程度で購入できます(外盤ならば)。内容から考えるとお得と思います。

昔のアバドはすごかった・・・けど・・・ベルリンでは何であんなになっちゃったんですかね〜・・・


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive