ホーム » clarinet » 第615回定演:ビゼー「カルメン組曲」アルカラの竜騎兵より

第615回定演:ビゼー「カルメン組曲」アルカラの竜騎兵より

アルカラはファゴットの曲だと言えるだろうが、またもや冒頭のメロディをクラリネットが再現する。この演奏では、ちょっと発音が甘くなったように思う。特に最初のほうがはっきりしない。
このソロには、管の選択問題がある。楽譜ではB管で書かれているが、B管だとトリルの指(fis-gis)がちょっとやりにくい。昔、初めてやったときに、どうしようと悩んでいたら、「これは普通A管で吹くんだよ」とオケの先輩が教えてくれた。今回もA管でやった。楽譜を写すのが面倒だったので、読み替えで吹いたけれども、練習で何度も間違った(情けない)・・・本番は間違えなかった。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive