ホーム » it » BlackberryでOpera mini

BlackberryでOpera mini

Blackberryの最大の問題点は標準のブラウザの性能が極端に悪いことであろう。これはOS6になると、WebkitベースになってiOSやAndroidに近づくことになっている。現状での解決策はOpera miniを利用することになる。BeReader(RSSリーダー)がOpera miniに対応していたので、最近、Operaも使うようになった。

Opera miniは標準ブラウザに比べると、かなり性能は良い。また、表示するときの待たされる進捗がわかるのもストレスが軽減される。ただし、標準ブラウザではないことは、スマートフォンではかなりのハンディがある。標準アプリとの連携が制限されるからである。Windowsの世界では、標準のブラウザをIEからfirefoxやchromeに変えれば、ほぼアプリの連携(例:e-mailからブラウザに飛ぶ)が置き換えられるが、スマートフォン等の場合、そうはいかない。だから、3rd partyのブラウザはなかなか普及しない。iOSにおいても、Safari以外の便利なブラウザがあるが、連携がないので、結局Safariを使わざる得ないことがある。

Blackberryにおいては、BeReaderとOperaの連携があるのはありがたい。Opera miniはそれなりにがんばっていると思うが、最新のAndroidやiOS機とはかなりの差がある。満足するためには、OS6の登場を待たなければならないのか・・・


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

category

archive